LINEで問合せ
HOME > ブログ > 税金・確定申告 > どうして確定申告が必要なの?チャトレ編

どうして確定申告が必要なの?チャトレ編


簡単にいうと、確定申告とは1年分の収入と経費を紙に書いて所得税を計算してその紙を税務署に提出すること、です。

アルバイトや会社員として働いていれば、確定申告は必要ありません。それは、会社が給料の金額から所得税を計算して、給料から天引きしてくれているからです。この天引きを「源泉徴収」といいます。さらに、毎月のお給料から少し多く天引きして、年末になると還付してくれる。これが「年末調整」です。これらの作業を会社がやってくれているので、アルバイトや会社員の方は基本的には確定申告をする必要がありません。

でも、例外があります。

二ヶ所以上で勤務、事業所得がある場合は確定申告が必要!

どういった場合に確定申告が必要になるかというと、二ヶ所以上で働いている場合、あるいは、 事業所得がある場合です。 チャットレディとして受け取る報酬は、事業所得に該当しますので、兼業でも本業でも確定申告が必要になります。 では、確定申告をしないとどうなるのでしょうか。

まず、収入があるのに確定申告をしていないことを税務署が知ると、税務調査が行われます。税務調査の結果、本来納めるべきだった所得税が、1.5倍程度に増えてしまいます。この税務調査は5年程度遡って行われますので、場合によっては一度に100万円以上納めることになるかもしれません。

マンションを借りる、保育園の利用には収入の証明が必要!

それ以外にも、マンションを借りるときや子供を保育園に入園させるとき、銀行でローンを組むときなどは収入を証明する書類が必要です。そんなときに、事業所得の方は、税務署に提出した確定申告書の控えを見せることになります。つまり、確定申告をしていないと、マンションを借りたり、保育園に入園させたり、ローンを組むことが難しくなってしまうのです。

以上から、確定申告をしなかったときのデメリットをご理解いただけたかと思います。

でも、「デメリットなんかどうでもいいの」「ばれなければいいの」と考える方もいるかもしれません。それでも、確定申告は必要です。日本は、あなたが自分で確定申告をして税金を納める「申告納税制度」を法律で定めています。収入があれば、きちんと確定申告をして、所得税を納めましょう。毎年2月16日〜3月15日まで、管轄の税務署に必要書類も持っていくと、優しく教えてくれます。

最近の投稿

特集

サイトマップ