LINE応募
メール応募
HOME > ブログ > 癒し > ペット > ペット を飼う予算ってどのくらい?

ペット を飼う予算ってどのくらい?


ペット と一言で言っても色んな種類があります(*´ω`*)
何を飼うかによって、初期費用や飼育費用なども違ってきます。
代表的なものをいくつか紹介しますので、是非ご参考にしてみてくださいね☆

猫の場合

猫ちゃんを飼う場合、獣医さんでの予防接種が少ないぶん最初にかかる費用は控えめです。
ペットショップで買えば数万円~数十万円ですが、譲渡会などでもらえば一~二万円(接種や避妊去勢費用)で飼いはじめることもできます♪

飼っている間かかるのはエサ代と、外飼いしなければトイレ代の二つがほとんどでしょう。
エサ代はフードにもよりますが、だいたい一匹当たり月数千円程度でトイレも月二千円くらいで済みます。

散歩に行かなくて良いので、その代わりにおもちゃを買って多少お家の中で遊ばせた方が良いでしょうが、おもちゃはとても安く100円ショップなどで買えるもので問題ありません。
健康のために猫草(一鉢数百円前後)を買うとしても、猫ちゃん一匹当たり月に一万円あれば十分なお世話が可能です。

一番お金がかかるのは病気になった時で、入院となれば一回で検査や入院費など数万円~十万円ほどがかかります(>_<)
普段から健康に気を付けてあげるのと、月々数百円からのペット保険などに入っておくのがおすすめです。
とくに猫ちゃんは砂漠の生き物であり水を欲しがるので、常にきれいな水を飲めるようにしておいてあげるのがとても重要になりますよ。

犬の場合

ワンちゃんの場合、中型犬より大きいものを飼うときは最初にかかる費用がそれなりにかかるものです。
小型犬でもこれは必要ですが、法律で決まっている狂犬病などの各種ワクチン、ノミやダニの薬などで数万円がかかってしまいます。

また、散歩が必要ですから首輪とリードも要りますし、外でトイレをしたときの回収用に袋や洗い流す水、ペットボトルも必需品でしょう。
猫ちゃんと比べて必要なグッズが多いため、ややお金はかかります。

また大きな犬は良く食べるので、エサ代も毎月一万円程度は見ておいたほうが良いでしょう。
猫ちゃんのように外飼いできませんから、トリミングやブラッシングなどもプロに頼むか自分でやる必要があります。

病気になった時にお金がかかるのは犬も猫も同じですが、ワンちゃんはだいたい猫ちゃんの倍、一匹当たり月二万円程度が最低ラインと思って良いでしょう(=゚ω゚)ノ

アクアリウムなど

インテリアとしても人気で、SNS映えするため女の子にも人気なのが大型水槽で熱帯魚などを飼うアクアリウムです☆

犬猫より手軽にできるイメージがありますが、実は非常にお金がかかってしまいます。
水槽は大きいものだと水圧に耐える特殊ガラスが高額ですから、数十万円~数百万円するものもザラです( ゚Д゚)
また常に水を清潔にするための薬剤や、循環のポンプも高額ですしそれを動かし続けるための電気代もバカになりません。

熱帯魚自体も一匹数万円からのものが多く、譲渡会などはありませんから専門店で購入するしかないのが現状です。
規模によってさまざまですが、大きな水槽で見栄えよく熱帯魚を飼おうとすれば最初に数十万円、そのあと毎月の経費に数万円は最低用意しておかなければなりません。

ペットは癒してくれるだけではなく、チャットレディのお仕事をしている時にペットのお話しをすると盛り上がるお客様もいるかと思うので、積極的に話してみてくださいね♪

最近の投稿

特集