LINE応募
メール応募
HOME > ブログ > 税金・確定申告 > チャトレが税金の還付を受ける

チャトレが税金の還付を受ける


確定申告は、納税の手続きなのですが、場合によってはお金が返ってくることがあります。お金が返ってくるなら、絶対やった方がいいですよね。ちなみに、この場合の「返ってくる」とは「所得税が還付される」ことを意味しています。 では、どのような場合に所得税が還付になるのでしょうか。働き方を3つに分けて紹介させていただきます。

会社員やパート・アルバイトの方

医療費控除、住宅ローン減税、ふるさと納税がある場合は、確定申告により所得税が還付になったり、住民税が減額されたりします。 日本で働く9割の方が、こちらに該当します。

チャットレディと会社員やパート・アルバイトの兼業の方

1月から12月までのチャットレディとしての収入と経費を計算して赤字だった場合、所得税が還付になります。また、医療費控除、住宅ローン減税、ふるさと納税がある場合も、所得税が還付になることがあります。

チャットレディ専業の方

確定申告で所得税が還付されることはありません。なぜかというと、給料から天引きされた所得税がないからです。勝手に天引きされていない分、あなた自身で確定申告をして、所得税を納めてください。経費がたくさんかかっていれば、所得税が0円になることもあります。

働き方によって、所得税の還付方法に違いがあることが分かっていただけたかと思います。次に、チャットレディの方が所得税を減らすために大切な『経費』について案内します。経費が多ければ多いほど、所得税の金額は少なくなります。つまり、どんなものが経費になるのかをきちんと知っておくことが重要です。 簡単にいうと、「チャットレディというお仕事をする上で使ったお金」が経費になります。

  • チャットをするときに着る衣装の購入費用
  • チャットのために特別に髪をセットしたり染めたりしたときの美容院代
  • パソコンやwebカメラの購入費用
  • 店舗に行ったときの交通費
  • チャット中に使った小道具
  • チャット中に企画などで食べたご飯
  • 仕事で関わる方との飲食代
  • 仕事を手伝ってくれた方への支払い

などが経費として認められる可能性があります。それらに支払ったお金は、レシートか領収証を保管して、項目ごとに整理しておくと、確定申告がしやすくなります。ノートに貼ったり、クリアファイルにまとめると良いでしょう。同時に、Excelに日付、金額、支払内容を入力しておくのもおすすめです。 1月から12月分を1年分としてまとめて、確定申告のときに、確定申告書に記入することになります。

最近の投稿

特集

サイトマップ