扶養について正しく理解しよう! - チャットレディJP

扶養について正しく理解しよう!

「チャットレディで働きたいけど、家族の扶養内で働きたい。」
「でも、いくら稼ぐと扶養ではなくなってしまうの?」

そんな悩みを抱えている方が多くいます。
所得税や住民税など、発生する税金は色々あって調べるのも難しいですよね・・。

今回は扶養内でチャットレディのお仕事をするにはどうしたら良いのか詳しく解説していきます!

扶養を詳しく解説!

そもそも「扶養」ってどういう立場なのでしょうか?

「扶養」とは、生計を主に担っている人が、自分の力で生活を維持することが難しい親族を経済的に援助・養うことを言います。
家族内で生計を立て養っている人は経済的負担が大きいので、その分税金の負担を軽くする「扶養控除」の制度を適用しています。

「扶養控除」には、「税制上の扶養」と「社会保険上の扶養」の2つがあります。

「税制上の扶養」

所得税や住民税の控除(減額)や、配偶者特別控除などの「税金に関わること」です!
貴女自身の所得を扶養の範囲内の金額におさめることによって、住民税や所得税が免除され、代わりに生計を立てている家族の所得から扶養控除が差し引かれます。

「社会保険上の扶養」

健康保険や年金に関わるものです!生計を立てている家族の健康保険や年金の被扶養者になり、社会保険に加入できます。その場合、貴女自身は社会保険や年金が免除になります。

また、「扶養控除」の仕組みは2種類あります!
結論から言うと、違いは配偶者を扶養したことで控除される所得控除か、それ以外の親族かです。

「扶養控除」の仕組みその1・・・配偶者を対象とした「配偶者控除・配偶者特別控除」

配偶者控除・配偶者特別控除

この制度は、主に旦那さんの収入などでパートとしてチャットレディで働く主婦の方が対象になります。
「配偶者控除」とは、納税している配偶者の税金の負担を軽くしてくれる制度のことです。
配偶者控除は、両方納税者だとしても夫または妻のどちらか一方が利用することが出来ます。
納税している配偶者の所得に応じて配偶者控除の金額が変わりますが、13万〜最大38万円控除されます。
しかし、貴女自身の年間合計所得が48万円以上(2020年から)あると受けられなくなります。
また、納税している配偶者の合計所得が900万円(給与収入1,095万円)を超えると段階的に控除額が減少します。合計所得が1,000万円(給与収入1,195万円)を超えると配偶者控除は受けられないです。

ただし、配偶者控除の対象から外れても、給与収入が201万6千円未満であれば、「配偶者特別控除」という控除の対象になります。

「配偶者特別控除」は、貴女自身の年間所得に応じて段階的に減額になる制度です!
こちらも配偶者の年間合計所得が年収で1,195万円以上だと対象外になってしまいます。

「扶養控除」の仕組みその2・・・配偶者以外の親族を対象とした「扶養控除」

扶養控除

「配偶者控除・配偶者特別控除」は「配偶者」を対象とした制度でした。
「扶養控除」は、配偶者以外の「子供や親、親族」を対象とした制度です。
親御さんに養ってもらっている学生の方が主に対象となることが多いです。

親御さんの扶養内で働きたい場合、家族の所得から最大38万円「扶養控除」を差し引くことができます。

まとめると、貴女自身、年間所得金額を48万円以下に抑えておけば税制上も社会保険上も扶養から外れることはないです!

また、勤労学生控除という制度を利用すれば年間75万円以下であれば扶養から外れずに働くことができます。
ただし、この制度を利用する場合は自分で税務署に申告しての手続きになります。

親御さんの扶養内でチャットレディとして働く場合は年間所得を48万円以下に抑えるようにしましょう!

よく聞く「103万円の壁」とは?

よく聞く「103万円の壁」とは?

ずばり、「扶養の壁」のことです。
この金額以上に稼ぐと、所得税や住民税が発生するため配偶者控除が受けられなくなるボーダーラインのことです。
ただし、上限は100万円と103万円の2つありますのでそれぞれ説明していきます。

年収100万円を超える場合は「住民税」が発生します。
100万円以上を稼ぐと、扶養控除を超えてしまうため自分で住民税を納税する必要があります。

住民税には、前年の所得に応じて課税される「所得割」と、所得金額に関わらず固定金額を負担する、基本料金のような「均等割」の2種類があります。

前年の合計所得金額が各自治体で決められている額(合計所得金額)以下であれば、所得割と均等割の両方課税されません。例えば東京の合計所得金額は35万円となっています。
また、給与をもらっている人が必ず差し引くことが出来る「給与所得控除」が55万円。
35万円+55万円=100万円
この100万円という金額が住民税がかかるかかからないかの基準になります。

年収103万円以上があった場合は、所得税の扶養控除から外れて貴女自身で所得税を支払わなければならなくなります。

103万円という金額はどこから来ているかというと、
先ほどご紹介した給与をもらっている人が必ず差し引くことが出来る「給与所得控除」が55万円。
所得から必ず差し引くことが出来る「基礎控除」が48万円。(給与所得控除は「給与」をもらっているサラリーマンなどの控除ですが、基礎控除は所得の種類に関わらす適用されます)
給与所得控除55万円+基礎控除額48万円の計算です。

ここで注意しなければならないのが働き方のタイプにもよって変わってくるということです!

【チャットレディのみ】

給与ではないため、給与所得控除55万円がありません!
住民税には「非課税制度」というものがあり、地方税で定められていてその額は東京都の場合45万円となっています。 つまり合計所得金額が45万円以上稼ぐと住民税が発生してしまいます!
ここでポイントなのが、所得=チャットレディの収入ではなく、チャットレディの収入から必要経費を引いたものが所得です!
年間50万円稼いだとしても、必要経費として7万円を申請すれば年間所得は43万円となり、住民税は扶養控除内となります。

【副業でチャットレディ】

チャットレディの他にパートやアルバイトを掛け持ちしている場合は、パートやアルバイトの給与が103万円以下、チャットレディの年間所得金額が20万円以下であれば所得税は発生しません。
ただし、パートやアルバイトで年収が103万超えると所得税の扶養控除が外れてしまいますので注意が必要です!

つまり、
「チャットレディのみで働いている方は、年間所得が48万円以上稼いだら住民税も所得税も税制上の扶養から外れてしまう。」
「副業チャットレディの場合は、パートやアルバイトの給与は103万円以下で、チャットレディとしての合計所得が20万円以下だと所得税は発生し、パートやアルバイトの給与103万円以下+チャットレディの年間所得20万円以下なら大丈夫」
だと覚えておきましょう!

年末調整は必要なの?

年末調整は必要なの?

チャットレディは個人事業主として働いているため「年末調整」はありません。
その代わりに基準の所得額を超えてしまったら、「確定申告」が必須です!
チャットレディのみで働いている場合は年間48万円以上。
副業チャットレディは年間20万以上です。
副業の場合、年間20万円以上稼いだら会社の源泉徴収票とは別に確定申告を行わければなりません!
ちなみに確定申告は毎年2月中旬〜3月中旬に行われます。忘れずに申請を行いましょう!

まとめ

扶養控除の条件は、貴女自身の立場や稼ぐ金額によって変わってきます!
チャットレディで働く以上どちらのタイプでもいえるのは、税金負担がなく、社会保険に加入しなくても可能な範囲は合計所得金額48万円以下です!
扶養内でチャットレディの仕事をしたいという方は48万円を超えない範囲を意識して楽しく働きましょう!

ここまで説明してきましたがいかがだったでしょうか?
扶養内で働く場合は稼ぐ金額の上限を調整することが大切です!
また税制は毎年のように法律が変わりますので、常に最新の情報をキャッチすることも大事です。
もし、少しでも疑問や不安を持ったら、店舗のスタッフや先輩チャットレディに気軽に相談していくことも重要です。ゆっくり理解していきましょう!

トピックス