住民税から副業がバレる!? - チャットレディJP

住民税から副業がバレる!?

チャットレディは主婦や学生さんのパートやアルバイト、また副業として近年人気が高まっているお仕事です。

中には、「会社や家族に内緒でチャットレディのお仕事をしたい」という方が多くいらっしゃいます。
「チャットレディのお仕事をしていることを知られずに働くにはどうしたら良いのか?」
「どのタイミングでバレてしまうのか?」
いざチャットレディのお仕事を始めたいと思っても疑問や不安があると応募するのに躊躇しちゃいますよね。

バレてしまう原因で最も気を付けなければならないことは、ずばり収入面です!
確定申告や住民税で発覚してしまったケースが多いのです。
安心してチャットレディのお仕事をできるように「収入からバレるケース」について注意すべき点も含めて紹介していきます!

確定申告と住民税

確定申告とは1年分の所得と経費を計算し、税金を確定させて税務署に申告・納税をすることです。ここで確定される税金は「所得税」のことです。
ほとんどの企業では毎年12月頃に年末調整が行われるかと思います。それは会社が貴女の代わりにまとめて1年分の所得税の計算と調整を行ってくれているのです。
チャットレディの収入分は年末調整が行われないため、自ら確定申告をしなければなりません!
ただし、確定申告は国が定めている金額以上の所得がある方のみが対象です。

そもそも「収入」と「所得」の違いとは何でしょうか?
「収入」は、入ってきたお金の総額のことです。
「所得」は、「収入」から必要な「経費」などを差し引いた金額です。
貴女の売上が収入、そこからチャットレディのお仕事で使う衣装代など必要な経費を差し引いた金額が「所得」となります。

確定申告は「所得」が計算の対象となります。
ここまで分かると、さらに
「確定申告は所得が何円以上になったら行うの?」
「確定申告をしたら住民税は手続きをしなくていいの?」
という疑問が新たに沸いてくる方もいると思います。税金の問題ってなかなか理解が難しいですよね・・・。

簡単に言いますと、
確定申告と住民税は別です!別、とは言いつつ住民税の申告には確定申告が密接に関わってきます。
住民税ですが、確定申告の対象外であっても所得が1円でも発生する場合、必ず支払う義務があります。
確定申告は税務署、住民税は各地方自治体でそれぞれ手続きを行う(※場合による)必要があります。
住民税の「申告」は状況に応じてやり方が異なるため、今からその違いをご紹介していきます。

「20万円ルール」とは?

確定申告の対象となる金額は、副業か本業かによって違います。
副業の場合、確定申告の基準となる金額が「年間所得20万円以上」です!

副業チャットレディ

副業チャットレディ

【チャットレディ年間所得20万円以上】
副業のチャットレディで年間所得20万円以上の場合、確定申告が必要となります。
ただし、所得は収入から経費を引いた金額であるため、収入が年間20万円超えていても経費を引いた金額が20万円未満であれば確定申告の必要はありません!
また、確定申告を行った場合の住民税は確定申告書に基づいて計算されるため住民税の申告を別途行う必要はありません!

【チャットレディ年間所得20万円以下】
副業のチャットレディで年間所得20万円以下の場合、確定申告は不要です。
その代わり、住民税の申請が必須です!
住民税の申告書は地域によって書式などが異なります。
お住まいの市役所や区役所などで手続きを行いましょう!

また、副業チャットレディの場合「住民税」の問題で気をつけなければならないことがあります。
住民税を申告する際に「特別徴収」と「普通徴収」という2つの方法が選べます。
会社バレしたくない方は「普通徴収」を選びましょう。
「特別徴収」の場合、貴女自身の給与から住民税が天引きされてしまい、副業分の所得も合わせて引かれてしまいます。
本業の勤務先からすると「支払っている給与に対して住民税の通知された税額の方が高い」という疑念点が生まれてしまいます。
その点「普通徴収」は、納付書で自ら住民税を収めるため会社バレを防ぐことが出来ます!

本業チャットレディ

本業チャットレディ

専業主婦・学生さんなどチャットレディだけのお仕事をされている場合、「年間所得金額48万円以上」が確定申告の対象となります!

【年間所得48万円以上】
本業のチャットレディで年間所得48万円以上の場合、確定申告が必要です!
2021年から確定申告の金額基準が変わり「年間所得48万円以上」となりました。
その場合は、住民税は確定申告書から計算されるので住民税の申請を別途する必要はありません。

【年間所得48万円以下】
本業のチャットレディで年間所得48万円以下の場合、確定申告は不要です。
その代わり、住民税の申請が必須です!

いずれにしてもチャットレディで年間通して1円でも「所得」が発生すると必ず何らかの申請しなければならないので、貴女自身で年間収入・必要経費などをメモして忘れないようにしましょう。

住民税も忘れずに!

住民税も忘れずに!

副業「20万円以下」や本業「48万円以下」はあくまでも「所得税」の確定申告が発生しない金額です。
市区町村に支払う住民税の関しては収入がある以上は必ず発生します。
住民税からチャットレディの仕事がバレてしまうことを恐れて、確定申告をしないと「脱税行為」に該当してしまいます。この行為はとても重い罪です。会社や家族に連絡が行く以外に最悪逮捕されてしまう可能性がありますので必ず支払いましょう。

また、住民税の無申告が発覚すると普通よりも倍以上の税金を支払わなければならなくなるので気をつけるようにしましょう。
きちんと申告を行っていれば周りにバレる心配は極めて低いです。チャットレディとして安心して楽しく稼ぐためにも働く上での義務はしっかり守るようにしましょう!

まとめ

まとめ

副業でチャットレディの仕事をする方は年間20万円以上所得があった場合、「確定申告」が必要、年間20万円以下の場合、「住民税の申告」を行わなければならないことを覚えておきましょう。
また、所得税や住民税の金額は2021年から本業チャットレディの確定申告を行わなければならない所得税の金額基準が変わったように、毎年金額や申請の時期が変動する可能性がありますのでこまめにチェックして申告漏れ・払い忘れがないように心がけましょう。
収入をもらってお仕事をする上で税金の申請は必ず発生します。事前に知っておけば何も難しい問題ではありません!早めに準備をしておいて、わからないことがあれば、どんなにささいなことでも周りのスタッフや先輩チャットレディに相談してください!

トピックス