チャットレディでも確定申告は必要かも!? - チャットレディJP

チャットレディでも確定申告は必要かも!?

確定申告って何をすることなの?

毎年、年が明けた頃から「確定申告」という言葉を耳にする方がいらっしゃると思います。
そもそも「確定申告」とは一体何をすることなのでしょうか?

「確定申告」とは
「1年間、つまり1月1日〜12月31日の税金を正しく計算して確定すること」です!
税金を確定させて、税務署へ申告する手続きのことを確定申告といいます。

税金っていうけど日々の生活の中で消費税とか住民税とかはちゃんと納めてるのに、確定申告では一体なんの税金を確定させるの?とお思いの方もいらっしゃると思います。
確定申告で計算する税金は「所得税」です。
「所得」つまり1年間に得た収入から「経費」を差し引いた額に税率をかけて計算します。
会社でサラリーマンとして稼いでいるのが収入の全てという方は、会社が年末に行う「年末調整」で所得税の額が精算されます。
ではチャットレディの場合は確定申告をする必要があるのでしょうか?
それはチャットレディが本業か副業か、チャットレディとしていくら稼いでいるかで変わってきます。

いくらから申告しなきゃいけないの?

チャットレディを本業にしている方

チャットレディを本業にしている方

チャットレディを本業にしている場合は「所得が48万円以上」になったら確定申告が必要です。
この「48万円」という数字は一体どこからきたのでしょうか?
実はこの48万円というのは、確定申告における「基礎控除」の金額なんです。

基礎控除というのは、一定の所得以下の人であれば誰でも受けられる所得の控除です。
最低限度の生活を維持するために必要な部分には税金をかけない、という考え方から、48万円の所得があった場合に税金が課されるということになっています。

チャットレディを副業にしている方

チャットレディを副業にしている方

本業として会社員をしていて、チャットレディは副業としてやっている方の場合の確定申告はどうでしょうか。
会社員(本業)の所得は年末調整で確定されます。
チャットレディ(副業)の所得は年末調整ができませんので、所得が「20万円」を超える場合は、確定申告をする必要があります。

所得ってなに?

所得ってなに?

副業としてチャットレディをしている場合、所得が「20万円」を超える場合は確定申告をする必要があるとご紹介しました。
間違えやすいポイントなのですが、この「所得」というのは、実は「収入」とイコールではないんです!
つまり「収入」が30万円・・・20万円を超える場合でも確定申告をしなくてもいいケースというのがあるんです。

ここでまず所得の種類についてご紹介しておきます。
所得は、その稼ぎ方の種類によって以下の10個に分類されています。
「給与所得・不動産所得・事業所得・配当所得・退職所得・利子所得・譲渡所得・山林所得・雑所得・一時所得」

会社員として稼いだ給与は「給与所得」になります。
会社員が本業でアルバイトやパートが副業だった場合は「給与所得を2箇所から得ている」ことになります。
ではチャットレディはどれにあたるのでしょうか?
チャットレディは「個人事業主」として働くことになるので「事業所得」を得ていることになります。

所得の種類が「事業所得」「雑所得」の場合は、経費を差し引くことが認められています。
つまり収入から所得税を計算するのではなく、収入から経費を引いた額(=所得)から所得税を計算することになります。

先に挙げた「チャットレディの収入が30万円」の場合、経費としてメイク道具やカメラなどの機材に15万円かかった場合はその額を引くことができるので「30-15=15万円」が所得になります。
この場合は所得が20万円を超えないので確定申告をしなくてもよい、ということになります。

申告方法をわかりやすく解説

確定申告には「青色申告」と「白色申告」の2種類の方法があります。
提出する書類が違うため、まずはどちらで確定申告するかを決めましょう。

青色申告

青色申告で確定申告した場合の大きなメリットは、最大で65万円の基礎控除が受けられることです。
収入から基礎控除の65万円をひくことが出来るので、納める税金の金額を抑えることが出来ます。
また赤字の場合、3年間にわたって赤字額を繰り越すことが出来ます。
1年目に50万円の赤字、2年目に100万円の黒字だった場合、2年目の申告をする際に1年目の「50万円の赤字」分を繰り越して計算することが出来るため、利益が出た年度の税金額を抑えられます。
青色申告で確定申告する場合は、期日までに税務署へ開業届と青色申告承認申請書を提出する必要があります。
また、前述した最大65万円の基礎控除を受けるためには複式簿記での記帳が必要になるため、簿記などの知識が必要です。必要な書類が多いため面倒に感じてあきらめてしまう方もいらっしゃると思います。

白色申告

白色申告は、青色申告の届け出をしていない方がとる確定申告方法です。特に届け出は必要ありません。
確定申告をする際は収支内訳書に売り上げや経費を記入するだけなので青色申告よりも簡単な手続きで申告が行えます。
白色申告をした場合は、青色申告で受けられる基礎控除が受けられません。また赤字の繰り越しもできません。

確定申告の流れ

確定申告の流れ

どちらの方法で確定申告をするか決まったら、まずは「確定申告書」を入手しましょう。
確定申告書は国税庁のWebサイトからダウンロードすることができますので印刷して使用します。税務署や確定申告の会場で原本を入手することもできます。
確定申告書には確定申告書Aと確定申告書Bという2つの形式があります。
事業所得であるチャットレディの申告をする場合は「確定申告書B」の方を使用します。
同様に入手できますので、白色申告の場合は収支内訳書、青色申告の場合は青色申告決算書を入手しておきましょう。

経費としたい支出の領収書やレシートをもとに収支内訳書・青色申告決算書を作成し、その内容をもとに確定申告書の金額を算出し、記載していきます。

書類の記載が終わったら税務署に提出します。
提出方法はいくつかあり、税務署に持っていく方法、税務署へ郵送する方法、e-Taxで電子申告する方法などがあります。
提出期間は原則2月16日~3月15日です。

確定申告の結果、納税になる場合は「納付書を使って窓口で現金納付」「e-Taxを使って電子納税」「クレジットカード納付」「QRコードを使ってコンビニ納付」などのいずれかの手段を使って納税します。
納期限は3月15日です。

確定申告の結果、還付(納め過ぎた税金が戻ってくる)になる場合は、預貯金口座への振込みかゆうちょ銀行へ出向いて受け取る方法かで還付金を受け取りましょう。預貯金口座への振込みを選ぶと指定の口座に直接振り込まれますので便利です。

まとめ

まとめ

いかがでしたでしょうか。
まずは確定申告について、概要や手続きの流れについてざっくりご紹介しました。
チャットレディJPでは今後も確定申告について詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

トピックス