LINEで問合せ
HOME > ブログ > 危険性と安全性 > 危険な店舗の存在について

危険な店舗の存在について


2月4日に新聞各社による「チャットレディその他関係者逮捕」というニュースが駆け巡りました。

チャットレディがそもそも行うサービスは違法行為ではありませんが、店舗によって危険行為と安全行為の線引きをしっかり教えてくれないところがあります。

よくある事例として

  • 「ギリギリのほうが稼げるから、もっと見せちゃおう」と指導される
  • 「ここは海外のサイトだから、日本の法律は関係ない」と過剰なサービスを促される

ことがよくあり「そうなんだ大丈夫なんだ!」「確かに稼げる」という実感もあるのでついつい女性もそれに乗ってサービスを行ってしまいます。

相対的にみて「確かに稼げる」は事実です。でもそれは瞬間的であり長続きはしません。その理由は企業秘密でありますが、それとは別に今回のように「違法行為に該当」「逮捕の可能性」もはらむことになり、当社としては「そわそわしながら100万円を3か月稼ぐ」よりは「楽しく安全に70万円を2年間稼ぐ」ことに従来から重点を置いております。

記事にもあるように

視聴者は、試聴時間に合わせて課金される仕組みで、同課は、同社が1年間で約7千万円を売り上げていたとみて調べている。

朝日新聞デジタル – http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170207-00000141-fnn-soci

一年間で7千万を売り上げたとありますが、約20人のチャットレディを雇い違法行為を行った上1人あたり月29万円の売り上げにしかなっておりません。

売上なのでお給料はさらにその30%(約9万円弱)が相場なので生活もできないですね・・・。

当社の実績はページでも確認できる通り、ランキングに入っている女性が非常に多く安全なサービスを前提に指導をしているチャットレディばかりです。

「違法行為を行わない」「無理をさせない」「目的の収入を目指した適切な指導」をモットーに皆様に安心してお仕事していただけるよう今後も運営に取り組んでまいります。当社の全国のご紹介する店舗においては長い年月運営されているなど安心してお越し頂ける店舗を紹介しております。一定の基準を審査し掲載をしておりますのでその点においてはご安心いただければと思います。

是非ご興味ある方は一日体験だけでも構いませんのでこちらよりご応募ください

特集記事

最近の投稿

サイトマップ