HOME > ブログ > お役立ち > 簡単でも喜ばれるお料理レシピ

簡単でも喜ばれるお料理レシピ


誰でも簡単に作れて、彼氏に喜んでもらえる料理ってどんなものがあるでしょうか?

代表的な料理の1つにハンバーグが挙げられます♪
こだわっているレシピであれば材料だけでなく、スパイスなど味付けにもこだわっているものの、ハンバーグの材料とその作り方は実際のところ簡単なんです(*^-^*)

定番はハンバーグ

揃える材料は合挽き肉480gと玉ねぎMサイズ1つ、それからパン粉大さじ4から5ぐらいまでとなります。
あとは牛乳大さじ2から3にサラダ油が少々、塩コショウは適量です。
ハンバーグに欠かせないソースはとんかつソースとウスターソース、そしてケチャップで十分作れます。

材料が用意できたらまず玉ねぎをみじん切りにし、パン粉と牛乳を同じボールに入れる事からスタートです。
玉ねぎをみじん切りにしてパン粉が牛乳に馴染んだら合挽き肉と玉ねぎをパン粉が入っているボールに入れます。
塩コショウで味付けをしたら、今度は全体的にまとまるまでこねていきましょう。
あとは楕円形に整え、真ん中をへこませて油をしいたフライパンで焼いていくだけです(=゚ω゚)ノ

ハンバーグを焼くコツは最初は強火で焼き目をつけ、裏返しにしたら中火か弱火にして蓋をする事に尽きます。
蓋を開ける時間は閉めてから5分から6分が目安ですが、串などでハンバーグの真ん中に刺して生肉がつかなかったり透明な肉汁が出てきたり等火が通ったサインがあれば目安の時間内でもフライパンから取り出して問題ないです。
ハンバーグを取り出し、残った油を軽く取り除いて残りの材料であるソースとケチャップを火を通しながら作っていけば料理は完成します♪

簡単にアレンジできるところもグッド!

シンプルでありながらもジューシーで美味しいハンバーグは料理としても好まれていますが、お弁当のメニューになれるようなアレンジが加えられるところも好まれているポイントです。
いささかレシピと材料は異なるものの、目玉焼きに水菜やキャベツを用意して作ったハンバーグを丼に載せればロコモコ丼に早変わりできます☆
このように簡単に作れるだけでなく、簡単にアレンジできるポイントも大切ですね!
ハンバーグの他にも、おろししょうがと酒といった調味料を混ぜた漬け汁が味のアクセントになっている生姜焼きや様々な具材を盛り込める筑前煮も良い例ですね(*^-^*)

カレーも簡単で大人気!

多くの男性はカレーが大好きですので、女性にとっても彼氏を家に招いた際に作る料理としての候補にいいでしょう(*^-^*)
そんなカレーの材料と作り方は市販のルーのパッケージに表記されているため、よく読んで理解すれば失敗する事はないです。
けれどもっと簡単に作りたいニーズがあるならレトルトカレーが役立ちます。

もちろんそのまま湯煎にかけるだけは味気がないですよね(;^ω^)
レトルトカレーを用いた美味しいカレーを作るには豚肉や玉ねぎを調理し、新しい具材にする事が美味しさのコツです。
具材を炒める際はルーとともに炒めても良いし、別々でも構いません。
簡単で短時間で作ることができるのもいいところですね(∩´∀`)∩

お料理ができる女性に魅力を感じる男性は多いですよね♪
チャットレディの会話の中でも、もし彼氏ができたらこんなお料理を作ってあげたいな♪なんて話をするのも、男心をくすぐれそうですね(*´ω`*)

最近の投稿

特集