LINE応募
メール応募
HOME > ブログ > お仕事のコツ > 写真の映りが良くなるメイク術①

写真の映りが良くなるメイク術①


チャットレディをするのなら、顔バレを防ぎながらメイクで少しでも見栄えを良くしなければなりません。

女性はメイクでずい分雰囲気も変わりますし、見違えるほど美しくなれますので、まずは基本的なメイクのテクニックについて勉強しましょう。

メイクをしっかりとすることは顔バレを防ぐためにも重要であり、必要に応じてウィッグを活用すれば更に効果的です。

目が小さい人はつぶらな瞳が印象に残ってしまうことが多いのですが、アイメイクによって大きく見せる方法もあります。

ただし、やり過ぎるとギャル風になってしまいますので、不自然にならない範囲で大きく見せることが大切です。

まずはカラコンを装着しますが、黒目と同じ大きさだとあまり見た目が変わりませんので、自分の黒目より少し大きいフチなしのものを選びます。

次にアイテープを使って二重にしていくのですが、アイテープはコストパフォーマンスが良くて手軽に利用できるグッズですので、一重まぶたに悩む人にとって見逃せないアイテムとなります。

一度つけたら長持ちさせたいので、先に汚れなどをコットンで拭き取ったらピンセットなどでアイテープをしっかりと貼りつけ、最後に指先で形を整えて定着させます。

ファイバー系もおすすめであり、ファイバー状ののりを引っ張って食い込ませることで二重を作ります。

ファイバー系はすぐに綺麗な二重ができ、周りの人にもバレにくいというのが強みです。

すぐ近くで見ても分からないほど良い仕上がりになりますので、二重を完璧にしたいという人にはこちらの方がおすすめです。

二重にできたら、アイラインを引きます。

アイラインを引く時には上側は目頭から目尻まで目の際に入れていきますが、下は端から端まで引くと不自然になりますので両方の端をあけるようにします。

ちょうど良いのは黒目の大きさくらいにする方法であり、下側はペンシルを使うと上手くできます。

ここで終えてしまう人がとても多いのですが、ラインがクッキリし過ぎていますので手や綿棒などで境界をぼかします。

人の顔は眉毛の形を変えるだけでもガラリと印象が違ってきますので、眉毛を整えたり細くしたりと工夫をするのも良い方法です。

そこに眼鏡をかければ普段見慣れている人でも誰だか分からないこともあります。

ちなみに、もっとも印象が変わりやすいのはスクエアタイプですので、これから用意するのならスクエアがおすすめです。

最後にウィッグを装着しますが、ウィッグは普段とは全く異なるイメージのものを選ぶのがポイントです。

ショートの人ならロングを、ロングの人なら髪の毛をまとめて中に入れてショートのウィッグをつけるようにします。

カラーも黒髪の人が明るい茶色や金髪に近い色にすると大幅なイメージチェンジに成功しますので、いつもとは違う自分になるウィッグを選ぶことが大切です。

可愛く綺麗に見せることも大事ですが、やはり知り合いに見付かったりストーカー被害に遭うということが無いようにメイクをするのが一番の目的です。

最近の投稿

特集